FC2ブログ

ちょっとの間の誘惑

駅前のドラッグストアに行ったときのことです。3歳前後の男の子を前かごに乗せたお母さんが自転車を止めました。そのお母さん、「いい?このままじっとしてまってるのよ。一応ロックは掛けたけどね」というなり、子供を前かごに乗せたまま、さっさとお店に入っていったのです。もう、びっくりしたなんてもんじゃない。子供は殊勝に、かごについているバーにつかまってじっとしてましたが、3歳くらいの子供なら、ちょっとしたことに気をとられたりで、いつまでじっとしていられるものだか。ロックは付いていても、前かごのロックははずみではずれることがあって、何度か子供を乗せたまま倒れたところを見ています。第一、歩道は狭くて、すぐ脇を駅から来る自動車が通る場所です。そんなとこに、子供一人だけ置き去りにして、もし自転車が倒れたら。。。そこに車が来たら一体どうするんでしょう。子供は一人で前かごからおりられません。倒れかかっても逃れるすべもない(しかもヘルメットもしてなかった)状態で、「ちょっとだから。おろすのが面倒だから」と、おいていくとは。。。
 時々新聞でパチンコ中に、子供が熱中症でなくなる事件を見ます。あれと同じくらいひどいとまでは言いませんが、何かあっても親に同情できないのも事実です。「ちょっとだから。すぐ戻るから」という気持ちはわかりますが、逆にほんのちょっとのことで一生の後悔を背負わなくても済むかもしれない、ということも気が付いてくれると良いのですが。
 あれから3日たちましたが、あまりにびっくりしてそのお母さんを引き留めなかったことを、私は今でもちょっと後悔しているのでした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

eri

Author:eri
こんにちは。イラストレーターの松本絵里です。
主に子供向けのイラストや絵本の仕事をしています。お笑い系の旅行エッセイも書いてます。
ホームページhttp://www.eri-m.jp/も、ぜひのぞいてみてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク