FC2ブログ

日本橋三越 牧進展

日本画の異端児川端龍子の最後の弟子であり、日本画界で、
独自の光を放つ牧進氏の個展が、日本橋三越で24日まで開かれています。
 その端正で精密でありながら、日本の情緒を豊かに伝える画風は、
日本だけでなく、海外では一層高く評価されていて、今回の展覧会も、
すばらしい作品が数多く展示されていました。
 
 川端康成氏が、かの才能を激賞した賛辞が残されていましたが、
たとえば、乱舞するアゲハの一匹一匹が、
何かを語り合っているかのようにさえ感じさせる画力でありながら、
むしろ奥ゆかしさが漂う作品。
 逆に、秋の七草が描かれているだけのはずなのに、
そこには、思わず気圧されるような気迫があったり。

 何かと派閥が幅をきかせることの多い、日本の画壇にあって、
あえて無所属を貫いている気骨の高さを、
作品からも感じます。

 目の保養と、「しっかり!」と背中をたたかれ、
パワーをもらうような、すばらしい展覧会でした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

eri

Author:eri
こんにちは。イラストレーターの松本絵里です。
主に子供向けのイラストや絵本の仕事をしています。お笑い系の旅行エッセイも書いてます。
ホームページhttp://www.eri-m.jp/も、ぜひのぞいてみてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク