FC2ブログ

目黒雅叙園 渡風亭

叔母に連れられて、目黒雅叙園の渡風亭に
ランチに行きました。

雅叙園は、お雛祭りの折に、有名な百階段のある旧館に
お雛様を陳列して展示するのですが、
「それを鑑賞してお昼を食べる女子会」を
この春叔母が催してくれました。

が、運の悪いことに、この日に限って子供が熱を出し、
泣く泣く欠席した私を憐れんで、
リベンジの会をしてくれたのです。

部屋の窓からは、館内とは思えないしっとりしたたたずまいの
和庭園。
豪華な螺鈿で飾られたお部屋は、
その昔のお姫様の気分が味わえます。

渡風亭3

出てきたお食事がこれです。

生の大根を美しく丸めているのですが、
この大根が、びっくりするほど甘い!
生ならではの、しゃきしゃきした歯ごたえに
お刺身がよく合います。

お刺身も、鯛がぷりぷりしていて、鮮度抜群。
さすが!という感じです。

渡風亭2

珍しかったのがこれ。
カニを甲羅ごとあげてあるのですが、
甲羅の薄いところなど、ぱりぱり食べられるくらい
かりっと揚がっていて、(仲居さんは「甲羅は食べませんよ~」と
いってましたが)手前のソース(ソースとトマトピューレを合わせたもの)が
すごく合ってました。

ソースとケチャップを合わせたソースは、うちでも時々使うんですが、
トマトピューレだと、よりさっぱりしていて新鮮な印象です。

渡風亭1

そして、締めが松茸ご飯とお吸い物。
このかわいらしい柿、白玉団子の上に、
シイタケを煮含めたものの、ヘタの部分でできてるんです。
アイデアですね~。

白玉の中は肉汁たっぷりの鳥団子。
白玉は、トマトジュースを入れるとこの色になるのですが、
お吸い物になってるところが目新しかったです。

でざーとは、果物と、杏仁豆腐または粟ぜんざい。
粟ぜんざいはあんこの品がよく、
杏仁豆腐はとっても濃厚で口当たりよく、いずれも美味でした。

材料は一つ一つ吟味されているうえに、
器も盛り付けも、秋を感じさせてくれて、
落ち着いた雰囲気の中で、まるで旅先の旧家で
もてなされているような気分になれます。

もっとも一人6000円、ご飯のお代わりはできるけど、
こぎれいな盛り付けの分、
男の人には少し物足りないボリュームかも。

特別な時にごちそうしてもらえたら、うれしいかな、というお店です。




プロフィール

eri

Author:eri
こんにちは。イラストレーターの松本絵里です。
主に子供向けのイラストや絵本の仕事をしています。お笑い系の旅行エッセイも書いてます。
ホームページhttp://www.eri-m.jp/も、ぜひのぞいてみてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク