スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沈壽官作陶展

日本橋三越で開かれている沈壽官作陶展に行って来ました。
沈壽官というお名前は、代々受け継がれているお名前だそうで、
今回の展覧会も、歴代の素晴らしい作品がずらりと並ぶ
壮観な展示です。

薩摩の白、というのを、今回初めてまとめて見たのですが、
きめの細かさといい、白の微妙な色具合といい、
実に奥深い感じです。

ことに12代目は、作風もバリエーションも豊かで、
20世紀初頭のものだというのに、
今見ても斬新さがあります。

一抱えもある壺に、狂いなくびっしり彫られた浮き彫りには、
その後当代まで受け継がれた端正さとともに、
時代を切り開いていく自負が伝わってくるようでした。

15代も続いてきた伝統工芸と言うだけでなく、
それぞれが切り開いてきた新境地が比べられて、
大変見応えのある技比べです。

陶芸に興味のある方必見の展覧会です。
スポンサーサイト
プロフィール

eri

Author:eri
こんにちは。イラストレーターの松本絵里です。
主に子供向けのイラストや絵本の仕事をしています。お笑い系の旅行エッセイも書いてます。
ホームページhttp://www.eri-m.jp/も、ぜひのぞいてみてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。