スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アデル/ファラオと復活の秘薬

先だって封切りになった「アデル」を見てきました。

リュック=ベッソンが監督となれば、
冒険もの、といっても一筋縄でいくわけないな、と思ってましたが、
期待に違わぬトンデモ映画です。

いかにもフランス映画らしいせりふのやりとりは、
ハリウッド映画とはまた違った味わいがあります。

それにしても、設定がいかにも荒唐無稽で、
転んだ拍子に、帽子ピンがぐっさり額から突き出るほど刺さってしまった、
瀕死の妹を助けるためにミイラを盗み出す、というのは、
よくもまあこんな設定を思いついたもんだと感心します。
もっとも原作は、コミックらしいのでこういうのもありなんだろうか。。。

恐竜の卵がかえって、パリ上空を飛び回るわ、ミイラがフランス語をしゃべるわで、
もう何が起きてもおかしくない状態ですが、
そういうことを別にして、
クラシカルな喜劇やお笑いのパターンもきっちり踏襲していて、
わかっていてもつい、くすっと、あるいはけらけらと笑ってしまうところが
この映画の楽しさですね。

フランス版「インディアナ=ジョーンズ」や「ハムナプトラ」を
装いつつも、実はコメディ映画、というのがこの映画。

からっと笑いたい方にお勧めの映画です。

スポンサーサイト
プロフィール

eri

Author:eri
こんにちは。イラストレーターの松本絵里です。
主に子供向けのイラストや絵本の仕事をしています。お笑い系の旅行エッセイも書いてます。
ホームページhttp://www.eri-m.jp/も、ぜひのぞいてみてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。