FC2ブログ

久々の原宿&オリジナルパンケーキハウス

何年ぶりかなあ。。。と忘れてしまうほど久しぶりに、
原宿へ行ってきました。

さいきんは、パンケーキの人気店が大行列している、とは聞いてましたが、
ほんと、あっちでもこっちでも大行列でした。

パンケーキに目がない私ですが、行列は苦手。
いくらなんでもパンケーキに1時間待ち、はしないなあ。

で、今回行ったのは、吉祥寺にもお店があるという、
オリジナルパンケーキハウス。
みーはーですが、先日テレビで見た
ダッチベイビーという、半熟カステラみたいなパンケーキが
気になってたのです。

11時ちょっとすぎにいったところ、カウンターとはいえ、
運よく窓際の席に座れました。

店内は、広々とした明るい作りで、
カウンターも、奥行き幅とも十分あり、なかなか居心地よくできています。

注文したのは、お店の基本、バターミルクパンケーキと、
この店にオリジナル、ダッチベイビー。

バターミルクパンケーキ

パンケーキ登場。
しっとりした生地は、かみしめるとふんわりと
バターミルクの香りが口いっぱいに広がります。
これぞプロの味!
ホイップバターがとても上品で、4枚という量も
少なすぎず、食べきれないほどでもなく、という感じ。
830円というお値段、正直高いですけど、
ギリギリ許せるところでしょうか。

ダッチベイビー2

ダッチベイビー登場。
まずは添えられたホイップバターを、内側全面に塗り付け、

だっちべいびー1

くし切りのレモンを3個!どばーっとしぼります。

ダッチベイビー3

そして、「え!?こんなに?」という量の粉砂糖を振りかけたらいただきま~す

切ると、底の部分はミルクレープみたいに
生地が層になってます。
これは、パンケーキというより、クレープの親戚みたいで、
生地自体はほとんど甘味はなく、
さっきレモンと粉砂糖たっぷり、の意味がよくわかりました。

フランスで食べるシンプルな「バターと砂糖」のみのクレープを思い出させるものがあります。
お値段は、1340円。

ただし量がとっても多い!女の人だと、一人で全部食べるの大変かも。
というのも、シンプルなだけに
ずっと食べ続けてると、飽きちゃうんですよね。。。味に変化がないし。
途中、メープルシロップをかけてみたりしましたけど、
あんまり合わない。
レモン増量は、ちょっと効きました。
正直、4人くらいで一つとって、シェアして食べれば、ちょうどいいかもです。

私的には、パンケーキはまた食べに来たいな。
ワッフルも置いてるので、今度はぜひそちらに挑戦したいです。

ちなみにこの日は、台湾のカキ氷屋さん、
アイスモンスターの開店日で、
明治通りの大きな交差点そばから、キディランドの先まで
ず~~っと並んでる人がいました。

しかも、お店の人に聞いたら、この行列は、
整理券をもらうための列で、実際に食べられるのは、
整理券をもらって4時間後!だそうです。。。すごすぎ!




目黒雅叙園 渡風亭

叔母に連れられて、目黒雅叙園の渡風亭に
ランチに行きました。

雅叙園は、お雛祭りの折に、有名な百階段のある旧館に
お雛様を陳列して展示するのですが、
「それを鑑賞してお昼を食べる女子会」を
この春叔母が催してくれました。

が、運の悪いことに、この日に限って子供が熱を出し、
泣く泣く欠席した私を憐れんで、
リベンジの会をしてくれたのです。

部屋の窓からは、館内とは思えないしっとりしたたたずまいの
和庭園。
豪華な螺鈿で飾られたお部屋は、
その昔のお姫様の気分が味わえます。

渡風亭3

出てきたお食事がこれです。

生の大根を美しく丸めているのですが、
この大根が、びっくりするほど甘い!
生ならではの、しゃきしゃきした歯ごたえに
お刺身がよく合います。

お刺身も、鯛がぷりぷりしていて、鮮度抜群。
さすが!という感じです。

渡風亭2

珍しかったのがこれ。
カニを甲羅ごとあげてあるのですが、
甲羅の薄いところなど、ぱりぱり食べられるくらい
かりっと揚がっていて、(仲居さんは「甲羅は食べませんよ~」と
いってましたが)手前のソース(ソースとトマトピューレを合わせたもの)が
すごく合ってました。

ソースとケチャップを合わせたソースは、うちでも時々使うんですが、
トマトピューレだと、よりさっぱりしていて新鮮な印象です。

渡風亭1

そして、締めが松茸ご飯とお吸い物。
このかわいらしい柿、白玉団子の上に、
シイタケを煮含めたものの、ヘタの部分でできてるんです。
アイデアですね~。

白玉の中は肉汁たっぷりの鳥団子。
白玉は、トマトジュースを入れるとこの色になるのですが、
お吸い物になってるところが目新しかったです。

でざーとは、果物と、杏仁豆腐または粟ぜんざい。
粟ぜんざいはあんこの品がよく、
杏仁豆腐はとっても濃厚で口当たりよく、いずれも美味でした。

材料は一つ一つ吟味されているうえに、
器も盛り付けも、秋を感じさせてくれて、
落ち着いた雰囲気の中で、まるで旅先の旧家で
もてなされているような気分になれます。

もっとも一人6000円、ご飯のお代わりはできるけど、
こぎれいな盛り付けの分、
男の人には少し物足りないボリュームかも。

特別な時にごちそうしてもらえたら、うれしいかな、というお店です。




東京會館 プルニエ

両親が、傘寿を迎えるので、一席設けることになり、
東京會館に行ってみました。

窓からはお堀端の緑が美しく、
気品にあふれるお店です。

ランチでしたが、5000円から、というお値段は、
普段なら敷居が高いですが、お祝いの下見なので、
8400円のコースをいただきました。

まずは前菜
真鯛と鮪のマリネにエディブルフラワーサラダを飾って
爽やかな わさび風味のヴィネグレットソース

DSC_0337.jpg

大ぶりに切られた切り身は、とても新鮮で、
わさびとオリーブオイルが意外に相性が良かったです。

次のマッシュルームのスープ トリュフのジュのアクセント
もう、これが最高!
運ばれてきた途端、かぐわしいキノコの香りがたちのぼり、
口の中に秋がいっぱいに広がる感じです。
あまりのおいしさに、写真を撮るのも忘れて
浸りきってしまいました。

メインは肉か魚が選べます。
この日は、魚にしてみました。
真鱈と白子のクールブイヨン ポッシェ ゆず風味の黒バターソース

DSC_0338.jpg

DSC_0339.jpg

カリッと仕上がった魚は、一度
丁寧に作ったブイヨンをくぐらせているとか。
魚本来のおいしさに、さらに奥行と深みが加わった
逸品でした。

どちらかというと、白子は苦手ですが、
やはり新鮮で選び抜かれたものはおいしいです。

最後にデザート、
メイプルシロップ風味のバウムクーヘン
プラリネアイスクリームとベリーのソースと共に

DSC_0340.jpg

キャラメリゼされたバウムクーヘンは食べ応えがあり、
アイスクリームとよく合います。

ここは、パンも、香り豊かでものすごくおいしいです。
私は欲張って、3種類全部食べてみましたが、
ものすごくお腹いっぱいになりました。

正直、東京會館は初めてで、
デパートで売ってるクッキーは今一つパッとしないので、
あまり期待してませんでしたが、
吟味された食材を生かし切った調理といい、塩梅といい、
素晴らしかったです。

特別な時に、とっておきの人と来たいお店でした。


野菜フレンチ KARATO

「面白いお店があるから」と、叔母に誘われていったのが、
野菜フレンチのお店、KARATOです。

テレビでも紹介されたとのことなので、
ご存知の方もいるかと思いますが、
東京駅の丸の内側目の前にある、
JPタワーの6階にあります。

眺めの良いテラスもあり、
お天気の良いときには、さぞ気持ちいいだろう、という雰囲気ですが、
あいにくこの日は雨。

テーブルに並ぶグラスも、とてもおしゃれです。

karato1

ここの売りは、前菜の華やかさ。
野菜の遊園地と名付けられたプレートです。

karato2

karato3

見てるだけで楽しくなるこのプレート。
60種類の野菜を使っているそうです。

メインは、肉と魚から選べて、今回はお肉にしました。

karato4

口の中でとろけるような柔らかな煮込み。

付け合わせはこんな感じ。

karato5

でざーとは、桃とブドウのジュレ

karato6

さっぱり目のソースが、こってりした肉の後にはぴったりです。

ちなみに、お魚のデザートはこれ

karato7

ココナツの味のアイスクリームが、夏らしい一皿でした。


これに、パンとコーヒーか紅茶がついて、
2900円。(税、サービス料別)
安くはないけど、ちょっと贅沢なひと時を、というには
ぴったりです。

店内は、女性で埋め尽くされ、カップルで来たらしい
若い男性が一人ぽつんと、居心地悪そうにしていました。

たしかに、とても上品なお味ですが、量的に
男性には物足りない感じ。
特に前菜は、とてもきれいだけど、
お皿の野菜を全部かき集めて食べたら、
一口で終わるものね。

ここは、女性同士で、センスの良い器と
美しい盛り付けを、じっくりと
目で味わうことを楽しむ、というお店かと思います。

でも、あの野菜の遊園地は、一見の価値あり!
交通の便もよく、お勧めのお店です。

もっとも、ランチは予約なしでは
なかなか入れないそうなので、お気をつけて。







はなまるうどん 半日野菜サラダうどん

友人とランチ、というわけでなく、
たまたま出かけた時間がおひるにかかってしまい、
しかもあんまりゆっくりできない。

こんな時はどこでお昼にするか、迷います。
いわゆるファストフードで済ませることも多いんですが、
最近増えたお手軽なうどんチェーン店は、
女の人でも入りやすくて便利です。

先日通りすがりにはなまるうどんがあったので、
久しぶりに入ったところ、
おいしそうなサラダうどんがありました。

一日分野菜サラダ、というのと半日分サラダというのがあり、
野菜の量が違うようです。
ためしに半日野菜サラダうどんを注文してみました。

オニオン醤油のドレッシングか、ゴマドレがえらべて、
お店のお兄さんが「ごまがおすすめ」というのでごまに。

サラダうどん1



こしのあるつやつやのうどんの上に、
にんじん、オクラ、カボチャの千切りなどが
どさっとのっています。

人参は生なので、ゴマとマヨネーズの濃厚さが
アクセントになり、ゴマのドレッシングにして正解なようでした。

私は中盛りを頼みましたが、野菜のボリュームがあるので、
これでおなかいっぱいでした。

サラダうどん2

こういううどんやさんでは、揚げたてのてんぷらやお稲荷さんなどもあるので、
おかずを食べるなら小盛りでもいいかもです。

で、おもしろかったのが、レジで
「保険証はお持ちですか?」と聞かれたこと。

なんと、サラダうどんは保険がきく?のです。
保険証があると50円引き。(4月30日まで)
定価が509円だったので、500円未満で
お腹いっぱいになるのはうれしいですね。
プロフィール

eri

Author:eri
こんにちは。イラストレーターの松本絵里です。
主に子供向けのイラストや絵本の仕事をしています。お笑い系の旅行エッセイも書いてます。
ホームページhttp://www.eri-m.jp/も、ぜひのぞいてみてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク